はじめに

近年では、YouTubeなどの動画を埋め込んだウェブページも増えてきました。皆さんもお気に入りのミュージシャンのPVなど、動画を紹介したい場面は多いと思います。

今回は、ウェブページをYouTubeを埋め込むにはどうすればいいかをご紹介いたします。

YouTubeの埋め込み方

まずは、YouTubeを開きます。

YouTube

埋め込みたい動画を探し、その動画のページを開きます。

「共有」を押します。

「埋め込みコード」を押します。

埋め込みコードの下の「もっと見る」を押します。

「動画のサイズ」などのオプションが表示されますので、表示したい内容に合わせて設定します。

設定が終わったら埋め込みコードをコピーし、埋め込みたいウェブページに貼り付けます。

動画の埋め込みが完了しました。

YouTubeの埋め込み方(WordPress)

WordPressの場合は、埋め込みたい動画のページのURLをウェブページに張り付けるだけで埋め込みができます。

動画のサイズを設定したい場合は、URLを[embed width="(幅)"](YouTubeのURL)[/embed]の形で記載すれば設定できます。なお、高さは幅を設定すれば自動的に設定されるため、記載する必要はありません。

ただし、この方法ですと動画のサイズ以外の設定ができませんので、それ以外の設定をしたい場合には埋め込みコードを用いた方法にしましょう。

YouTubeの埋め込み方(Twitter)

PCでの埋め込み方

まずはTwitterにアクセスし、ログインします。

https://twitter.com/

文章を投稿する際と同様に「ツイート」を押します。

①に埋め込みたい動画のページのURLを入力し、②「ツイート」を押します。

動画の埋め込みが完了しました。

投稿を押すとTwitter内で動画が再生できます。

スマートフォン(Webブラウザ)での埋め込み方

まずはTwitterにアクセスし、ログインします。

https://mobile.twitter.com/

文章を投稿する際と同様に右下の羽ペンのようなアイコンを押します。

①に埋め込みたい動画のページのURLを入力し、②「ツイート」を押します。

動画の埋め込みが完了しました。

投稿を押すとTwitter内で動画が再生できます。

スマートフォン(アプリ)での埋め込み方

まずはアプリを起動し、ログインします。

文章を投稿する際と同様に右下の羽ペンのようなアイコンを押します。

①に埋め込みたい動画のページのURLを入力し、②「ツイート」を押します。

動画の埋め込みが完了しました。

投稿を押すとTwitter内で動画が再生できます。

まとめ

以上、ウェブページにYouTubeを埋め込む方法についてご紹介させていただきました。

動画を埋め込むことにより、ウェブページがより楽しいものにできると思います。皆さんも動画を活用して、よりよいページを作ってください。





おすすめの記事