スマートフォンを落としたら画面に黒いしみが?

スマートフォンは生活の必需品と言っても過言ではない存在ですが、よく使うがゆえに落としてしまうなどのトラブルが多く発生しています。スマートフォンを落としたら、画面は割れずに済んだけど、画面に黒いしみができてしまった…という経験をした人もいるのではないでしょうか。

これは、「液晶漏れ」と呼ばれる症状で、場合によっては画面が割れてしまったときよりも危険なこともあります。

今回は、液晶漏れについての解説と液晶漏れしてしまったときの対処法についてをご紹介いたします。

液晶漏れとその危険性

液晶漏れとは、内部で破損が発生したことなどにより、その名の通り液晶が漏れ出てしまっている状態のことです。

こうなってしまうと液晶漏れが広がり、黒くなって見えない部分が広がることはあっても、元に戻ることはまずありません。さらに、場合によってはタッチパネルが利かなくなるなど、画面が見えない以外の障害が発生することもあり非常に危険な状態です。

そのため、液晶漏れが発生したらすぐに対処をする必要があります。

液晶漏れしてしまったときの対処法

携帯電話キャリアへ連絡する

まず挙げられるのが、NTTドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話キャリアへの連絡です。特に、スマートフォンの故障に関する補償に入っていれば、それで対応してもらえます。

ただし、SIMフリーのスマートフォンや中古ショップで購入したスマートフォンなど、携帯電話キャリアを介せずに入手したスマートフォンは補償の対象外となるため注意です

購入店舗へ連絡する

SIMフリーや中古のスマートフォンについては、購入した店舗に問い合わせる方法が挙げられます。携帯電話キャリアのとき同様、購入時に補償に入っていればそれで対応してもらえます。

ただし、特に中古につきましては補償が無い場合も多く、購入時にどのような契約になっていたか注意が必要です。

メーカーへ連絡する

携帯電話キャリアや購入店舗で対応できない場合は、携帯電話のメーカーへ問い合わせる方法もあります。ただし、サポート体制はメーカーごとに異なるため、その点をよく確認した上で問い合わせるようにしましょう。

携帯電話修理ショップへ相談する

街中にある携帯電話修理ショップへの相談も方法の一つです。携帯電話キャリアなどで修理するよりも費用が安かったり時間も速かったりする場合もあります。ただし、一度携帯電話修理ショップで修理してもらうと、携帯電話ショップなどの補償の対象外になることもある点と、マイナーな機種や型落ちした機種は修理してもらえない可能性が高い点は注意です。

新しい携帯電話に買い替える

保障が使えないなど、状況によってはいっそ買い換えたほうが早くて安くすむ場合も多いです。修理にかかる時間や費用を踏まえて考慮してみてください。

まとめ

以上、液晶漏れについての解説と液晶漏れしてしまったときの対処法についてについてご紹介させていただきました。

液晶漏れはいつ誰が被害にあるかわかりません。皆さんも可能であれば補償に入って万一に備えると共に、もし発生したらすぐに対応するように心がけてください。





おすすめの記事