はじめに

パソコンを長らく使っていると、だんだんと重くなってくるという経験は多くの人がしていることと思います。その原因はいくつか考えられ、対策方法もいろいろあるのですが、その中でもハードディスクの高速化につながる方法に「デフラグ」というものがあります。

今回は、デフラグとは何かと実行方法についてご案内しようと思います。

デフラグとは

ハードディスクは長く使用して、ファイルの追加や削除を繰り返していると、ディスクの中にファイルの断片が点在するようになってしまいます。そうすると、目的のファイルを探すのに時間がかかってしまい、パソコンが重くなってしまう一因になります。さらに、ファイルを探すために多くハードディスクが動くことになるため、ハードディスクの寿命を縮めてしまう原因にもなります。

それを解消するのに役立つのが「デフラグ」になります。デフラグとは「デフラグメンテーション」(defragmentation)の略で、ハードディスクの中身を最適化することにより、ハードディスクの中身を探す時間を減らして上記の問題を解決します。

あくまで大まかなイメージですが、部屋中にちらばったおもちゃを片付けて、ちゃんと順番どおりに並べるような作業をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

デフラグを行う方法

実際にでフラグを行うにはどうすればいいかですが、基本的にはWindowsは初期設定で定期的にデフラグを行うようになっています。

ですが、特に調子が悪い時や試してみたい時などは、すぐに実行することもできます。その方法はいくつかありますが、簡単な方法には以下のものがあります。

簡単なデフラグの方法1

「ファイル名を指定して実行」「dfrgui」と入力して「OK」を押します。

「ファイル名を指定して実行」につきましては、Windows PCで簡単にファイル名を指定して実行する方法もご確認ください。

簡単なデフラグの方法2

スタートメニューの検索ボックスに「デフラグ」と入力すると、結果に表示されるのでそれを実行します。

方法1および方法2によりデフラグのツールが起動しますので、「ディスクの最適化」を押せばデフラグが開始されます。

なお、デフラグには時間がかかる上に、デフラグ中はデフラグ作業分パソコンが遅くなりますので、他に作業があるときはデフラグはしないようにしてください。また、自動で行われるデフラグの時間にパソコンを使う予定があれば、デフラグをほかの時間にずらしましょう。

SSDのデフラグについて

近年ではハードディスクではなくSSDを使っているパソコンも増えました。SSDについてはハードディスクと構造が違うため、ハードディスクと同様のデフラグはやめておいたほうが良いといわれています。

SSDのデフラグにつきましては、「Defraggler」などのツールを使うとよいです。興味がありましたら詳細を調べてみてください。

まとめ

以上、デフラグとは何かと実行方法についてご紹介させていただきました。

重要なしくみですが基本的には自動で行われるため、あまり意識したことがなかった方も多いと思います。ですが、時には手動で行ったり、自動のデフラグをずらしたりしたほうがいい場面もあります。皆さんも効果的なデフラグを行って、ハードディスクの高速化に努めてください。





おすすめの記事