マークダウンについて

皆さんは「マークダウン」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

マークダウンとは、少ない労力でHTMLを生成できる記述法で、うまく活用すればHTMLを書く効率を向上させることができます。

今回は、マークダウンの記述方法について特に重要なものをご紹介させていただきます。

WordPressでマークダウンを使う方法

WordPressでマークダウンを使えるようにするプラグインはいくつかあり、有名なものとしては「JP Markdown」や「Markdown Editor」などが挙げられます。JP Markdownにつきましては、JP Markdown使い方と設定方法も参考にしてください。

マークダウンでの記述方法

マークダウンでの記述方法について、主な例を以下に示します。こちらに無い方法につきましては、「マークダウン」で調べてみましょう。

見出し(h1~h6)

シャープ(#)を先頭に記述すると見出しになります。見出しのレベルは#の数で表します。

# 見出し h1
## 見出し h2
### 見出し h3
#### 見出し h4
##### 見出し h5
###### 見出し h6

見出し h1

見出し h2

見出し h3

見出し h4

見出し h5
見出し h6

リスト(ul)

アスタリスク(*)、ハイフン(-)、プラス(+)を先頭に記述するとリストになります。リストの中にリストを書く場合はタブを用います。

* リスト
* リスト
    * リスト
    * リスト
        * リスト
        * リスト
    * リスト
* リスト
  • リスト
  • リスト
    • リスト
    • リスト
      • リスト
      • リスト
    • リスト
  • リスト

リスト(ol)

「1.」を先頭に記述するとリストになります。リストの中にリストを書く場合はタブを用います。

1. リスト
1. リスト
    1. リスト
    1. リスト
        1. リスト
        1. リスト
    1. リスト
1. リスト
  1. リスト
  2. リスト
    1. リスト
    2. リスト
      1. リスト
      2. リスト
    3. リスト
  3. リスト

強調(em,strong)

アスタリスク(*)、アンダーバー(_)でテキストを囲むと文字を<em>で強調できます。また、「**」または「__」でテキストを囲むと文字を<strong>で強調できます。

*テキストを強調する(EM)*
_テキストを強調する(EM)_
 
**テキストを強調する(STRONG)**
__テキストを強調する(STRONG)__

テキストを強調する(EM)
テキストを強調する(EM)

テキストを強調する(STRONG)
テキストを強調する(STRONG)

改行(br)

行末に2つの半角スペース( )を挿入すれば改行を表示できます。

1行目  
2行目

1行目
2行目

引用(blockquote)

文章の前に「>」をつけると、その文章が引用になります。また、「>>」のように複数つけることにより、多重引用できます。

>テキストを引用する
>>テキストを二重引用する
>>>テキストを三重引用する

テキストを引用する

テキストを二重引用する

テキストを三重引用する

水平線(hr)

アスタリスク(*)、アンダーバー(_)を3つ連続して並べると、水平線を表示できます。

***
___


リンク(a)

[表示文字列](URL)形式でリンクを記述できます。

[Googleトップ](https://www.google.co.jp/)

Googleトップ

まとめ

以上、マークダウンの記述方法について特に重要なものをご紹介させていただきました。

今回ご紹介した記述方法以外にも、マークダウンには様々な記述方法があり、それらを活用することでhtmlを各効率を上げることができると思います。みなさんも興味がありましたら、一度調べてみてマークダウンを試してみてください。





おすすめの記事