コーヒーを飲みながらネットが使いたい

皆さんの中にも、日頃からよくカフェでコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか。コーヒーを飲みながらちょっとネットをチェックしたい、といったシーンも多々あると思います。

そのような場合に、そのカフェでWi-Fiが使えれば、スマホなどの通信量を抑えることができます。特に、カフェに行く頻度が高い方や、よく月末に通信制限に引っ掛かってしまう方には、その効果は大きいです。

今回は、無料でWi-Fiが使えるカフェチェーン店をご紹介させていただきます。

フリーWi-Fiを利用する前に

無料でWi-Fiが使えるのは便利かと思いますが、実は気軽で使えるがゆえにセキュリティに不安があるのも事実です。利用する前にフリーWi-Fiを使うときの注意点も確認いただき、セキュリティに配慮しながら利用してください。

スターバックスコーヒー

SSIDat_STARBUCKS_Wi2
パスワードなし
会員登録なし
1回の接続時間1時間
1日の利用可能回数無制限

スターバックスコーヒーは、「at_STARBUCKS_Wi2」というSSIDに接続した後、ウェブブラウザを起動するとログイン画面になりますので、「インターネットに接続」「同意する」を押せば接続できます。

1時間たつとWi-Fiの接続が切れますが、もう一度同様の操作を繰り返せば再び接続可能です。

詳しくはこちらもご確認ください。

ドトールコーヒー

SSIDWi2premium
パスワード空メールを送ると発行される
会員登録なしだが、パスワード発行のたびに空メールを送る必要あり
1回の接続時間3時間
1日の利用可能回数1回

スターバックスコーヒーは、「dcs@forguest.wi2.ne.jp」に空メールを送ってパスワードを取得後、「Wi2premium」というSSIDに接続し、ウェブブラウザを起動して取得したパスワードを入力し「Enter」を押せば接続できます。

3時間たつとWi-Fiの接続が切れてしまい、その日はそれ以上接続できないため、その点は注意ください。

詳しくは店内の張り紙やパンフレットなどもご確認ください。

コメダ珈琲

SSIDKomeda_Wi-Fi
パスワードなし
会員登録メールアドレスの登録が必要
1回の接続時間1時間
1日の利用可能回数無制限

コメダ珈琲は、「Komeda_Wi-Fi」というSSIDに接続し、ウェブブラウザを起動してメールアドレスを登録し「同意する」を押せば接続できます。

一度メールアドレスを登録すると、その端末では次回以降登録不要ですが、1年たちますとふたたび登録が必要になりますので注意してください。

1時間たつとWi-Fiの接続が切れますが、もう一度同様の操作を繰り返せば再び接続可能です。

詳しくはこちらもご確認ください。

タリーズコーヒー

SSIDtullys_Wi-Fi
パスワードなし
会員登録なし
1回の接続時間1時間
1日の利用可能回数無制限

タリーズコーヒーは、「tullys_Wi-Fi」というSSIDに接続した後、ウェブブラウザを起動するとログイン画面になりますので、「インターネットに接続」「同意する」を押せば接続できます。

1時間たつとWi-Fiの接続が切れますが、もう一度同様の操作を繰り返せば再び接続可能です。

詳しくはこちらもご確認ください。

基本的には、スターバックスと同様、と思っていただければよいと思います。

上島珈琲店

SSID+Free_UESHIMA_WiFi
パスワードなし
会員登録メールアドレスの登録が必要
1回の接続時間無制限
1日の利用可能回数無制限

コメダ珈琲は、「+Free_UESHIMA_WiFi」というSSIDに接続し、ウェブブラウザを起動してメールアドレスを登録し「同意する」を押せば接続できます。

一度メールアドレスを登録すると、その端末では次回以降登録不要です。

一度接続すると時間でWi-Fiの接続が切れることはなく、無制限に利用することができます。

詳しくはこちらもご確認ください。

ベローチェ

SSID+veloce_free_wifi
パスワードvelocewifi
会員登録言語、性別、生年月日の登録が必要
1回の接続時間1時間
1日の利用可能回数6回

ベローチェは、「+veloce_free_wifi」というSSIDに接続してパスワードに「velocewifi」を入力した後、ウェブブラウザを起動すると登録画面になりますので、言語、性別、生年月日を入力して「規約に同意して登録」「インターネット接続」を押せば接続できます。

一度登録すると、その端末では次回以降登録不要です。

1時間たつとWi-Fiの接続が切れますが、もう一度同様の操作を繰り返せば再び接続可能です。ただし、1日に接続できるのは6回までなので、その点は注意してください。

詳しくは店内の張り紙やパンフレットなどもご確認ください。

プロント

SSIDPRONTO_FREE_Wi-Fi
パスワードなし
会員登録メールアドレスの登録が必要
1回の接続時間30分
1日の利用可能回数3回

プロントは、「PRONTO_FREE_Wi-Fi」というSSIDに接続し、ウェブブラウザを起動してメールアドレスを登録し「同意する」を押せば接続できます。

一度メールアドレスを登録すると、その端末では次回以降登録不要ですが、3ヶ月たちますとふたたび登録が必要になりますので注意してください。

30分たつとWi-Fiの接続が切れますが、もう一度同様の操作を繰り返せば再び接続可能です。ただし、1日に3回までしか接続できませんので注意ください。

詳しくはこちらもご確認ください。

ルノアール

SSIDRenoir_Miyama_Wi-Fi
パスワードなし
会員登録なし
1回の接続時間3時間
1日の利用可能回数1回

ルノアールは、「Renoir_Miyama_Wi-Fi」というSSIDに接続した後、ウェブブラウザを起動するとログイン画面になりますので、「インターネットに接続」「同意する」を押せば接続できます。

3時間たつとWi-Fiの接続が切れ、その日はもう接続できませんのでその点は注意ください。

詳しくはこちらもご確認ください。

まとめ

以上、無料でWi-Fiが使えるカフェチェーン店を紹介させていただきました。

通信量を気にせずネットに繋げることができるのは、大きなメリットだと思います。セキュリティの問題に気をつける必要はありますが、重要な情報はやりとりしないなどの配慮をした上でWi-Fiを活用いただければと思います。





おすすめの記事