はじめに

皆さんのなかに、ご自身や家族が精神病と診断された方はいらっしゃらないでしょうか。精神病はどうしても治療が長期にわたりがちで、それに伴い金銭的な負担も大きくなりがちです。

ですが、そのような方を支援する制度もいくつか存在します。今回は、そのような支援制度のうち特に重要な3つをご紹介いたします。

自立支援医療

「自立支援医療」とは、精神病の治療にかかる通院費や薬代などが、本来の3割から1割になる制度です。さらに、一月あたりの負担の上限もあるため、一定以上の医療費は払う必要がありません。

詳しくは、こちらの厚生労働省のサイトの自立支援医療(精神通院医療)の項をご確認ください。

申請の方法は市町村によって異なりますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。

精神障害者保健福祉手帳

「精神障害者保健福祉手帳」は、所有しているとバスなどの公共交通機関や各種サービスで割引を受けられるようになります。

詳しくは、こちらの厚生労働省のサイトの精神障害者保健福祉手帳の項をご確認ください。

なお、割引が受けられる対象は地域や事業者によって変わりますので、詳しくは各自ご確認ください。

申請の方法は市町村によって異なりますので、お住まいの自治体にお問い合わせください。

障害年金

「障害年金」は、障害を持つ方に支払われる年金のことです。精神病も程度によりますが、障害年金の対象となります。

詳しくは、こちらの日本年金機構のサイトの障害年金の項をご確認ください。

申請の方法は市町村によって異なりますので、お住まいの自治体、または年金事務所や年金相談センターにお問い合わせください。

まとめ

以上、精神病の方が受けられる支援制度を3つをご紹介させていただきました。

精神病は様々な不安に襲われてしまうものですが、これらの支援制度を活用すれば金銭面など負担を減らすことができます。

みなさんもこれらの支援制度を活用し、少しでも不安を小さくしてご自身や家族が療養に専念できるようになることを願っております。





おすすめの記事