AddQuicktagについて

WordPressには、記事や固定ページの追加および編集画面で、<strong>タグや<em>タグを挿入する機能があります。しかし、もっと他にもいろいろなタグを挿入したいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そこでプラグイン「AddQuicktag」の出番です。このプラグインを用いれば、追加および編集画面で挿入できるタグを追加することができます。

詳しい情報については、こちらのAddQuicktag公式ページをご確認ください。

今回は、AddQuicktagの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

AddQuicktagの使い方

AddQuicktagの使い方は、「使いたいタグの登録」→「追加、編集画面でタグを使用」となります。

使いたいタグの登録

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「設定」を押します。

「AddQuicktag」を押します。

「ボタン名」に、追加、編集画面で表示されるボタン名を入力します。

「開始タグ」に、追加したいタグ(開始と終了があるものは開始タグ)を入力します。

③終了タグがある場合は、「終了タグ」に入力します。

④一番右のチェックボックスをチェックします。

「設定を保存」を押します。

追加、編集画面にタグが追加されました。

追加におすすめのタグの一例

AddQuicktagを導入したら、追加するのがおすすめなタグをいくつかご紹介いたします。

なお、お使いのテーマなどによっては、同等のタグがすでに登録されている場合もありますので、追加前に各自環境を確認いただき、重複しないようご注意ください。

見出し(h2~h4)

h2
  • 開始タグ
    • <h2>
  • 終了タグ
    • </h2>
h3
  • 開始タグ
    • <h3>
  • 終了タグ
    • </h3>
h4
  • 開始タグ
    • <h4>
  • 終了タグ
    • </h4>

なお、これらの見出しタグは登録されているテーマも多いため、特に重複には気をつけてください。逆にそれだけ使用頻度が高いタグですので、もし登録されていなければ特に登録をおすすめします。

文字を赤くする

  • 開始タグ
    • <span style="color: #ff0000;">
  • 終了タグ
    • </span>

なお、「#ff0000」の部分を変更すれば、他の色にすることも可能です。詳しくはRGBカラーコードで色を指定する方法RGBカラーコード色サンプルもご確認ください。

また、古い資料ですと<font color=#ff0000></font>といった方法を紹介しているものもありますが、fontタグはhtml5で廃止されたため使用しないようにしてください。詳しくはHTML5で廃止されたタグ廃止されたfontタグを置き換える方法もご確認ください。

文字の背景を黄色くする

  • 開始タグ
    • <span style="background-color: #ffff00;">
  • 終了タグ
    • </span>

こちらも「文字を赤くする」同様、「#ffff00」の部分を変更することで他に色にすることができます。

文字を一回り大きくする

  • 開始タグ
    • <span style="font-size: large;">
  • 終了タグ
    • </span>

なお、「large」を「small」にすると一回り小さくすることもできます。詳しくは、font-sizeで文字の大きさを指定する方法についてもご確認ください。

また、こちらも古い資料ですと<font size="+1″></font>といった方法を紹介しているものもありますが、「文字を赤くする」でも述べたとおり、fontタグはhtml5で廃止されたため使用しないようにしてください。

まとめ

以上、AddQuicktagの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

どのようなタグをよく使うかは、人によってさまざまですので、皆さんも自分がよく使うタグを適宜追加し、WordPressを使いやすいようにカスタマイズしてください。





おすすめの記事