CarotDAVについて

ウェブサイトを経営していると、ときに「FTP」でのファイルのアップロードやダウンロードが必要になることがあります。ところが、具体的にどうすればよいのかわからずに困った、という方もいるのではないでしょうか。

FTPでのファイルのアップロードやダウンロードは、専用のソフトを使うのが一番楽なのですが、今回はその中でも「CarotDAV」というソフトについて、ダウンロードや使い方、設定方法について紹介させていただきます。

なお、FTPの概要や他のソフトにつきましては、FTPとは HTTPとの違いや接続方法などもご確認ください。

CarotDAVのダウンロード

まずは、CarotDAVの公式サイトを開きます。

http://rei.to/carotdav.html

「ダウンロード」を押します。

バージョンごとにファイルが並んでいますので、最新のものを選んで押すとダウンロードが始まります。

CarotDAVのインストール

ダウンロードできましたらファイルを解凍し、「CarotDAV」を実行します。

「Next」を押します。

インストール先のフォルダとCarotDAVを利用できるユーザーを指定して「Next」を押します。

「Next」を押します。

インストールが始まります。

終了したら「Close」を押します。

CarotDAVの使い方、設定方法

CarotDAVを起動し、「File」「New Connection」「FTP/FTPS」を押します。

すると、接続先の設定になりますので、②「URI」にホスト名(アドレス)を、③「Username」にユーザー名を、④「Password」パスワードを入力します。

具体的に入力するものや、その確認方法は接続先によって異なりますので、契約しているサーバーの管理ページを確認したり、管理者に問い合わせるなどして予め把握しておいてください。また、以下のレンタルサーバーにつきましては確認方法を解説しておりますので、そちらもご確認ください。

また、②「URI」は、「ftp://(ホスト名)」となるように設定してください。

「Setting Name」は、起動画面での表示名になりますので、好きなものを入力してください。

入力したら⑤「OK」を押します。

先ほど設定した内容が追加されていますので、それを選択してダブルクリックします。

これで接続できました。

ファイルをアップロードする場合は、「Edit」「Upload」を押し、アップロードするファイルを選択します。

フォルダをアップロードする場合は、「Edit」「Upload Folder」を押し、アップロードするフォルダを選択します。

また、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップすることでアップロードすることも可能です。

接続先のファイルやフォルダを右クリックすると、ダウンロードや切り取り、コピー、削除、名前の変更などができます。

また、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップすることでダウンロードすることも可能です。

フォルダをダブルクリックすれば、そのフォルダの中に移動します。

親フォルダに移動する場合は、「View」「Go To Parent」を押します。

CarotDAVを使うときの注意点として、接続先のファイルを直接開くことはできません。中身を確認したい場合は、一旦ファイルをダウンロードしてから確認ください。

まとめ

以上、CarotDAVのダウンロードや使い方、設定方法について紹介させていただきました。

FTPの利用はウェブサイトの経営では必要な知識といっていいと思います。みなさんも「CarotDAV」などのソフトウェアを準備しておき、いざとなったら速やかなファイルのやりとりをできるようにしましょう。





おすすめの記事