Core FTP LEについて

ウェブサイトを経営していると、ときに「FTP」でのファイルのアップロードやダウンロードが必要になることがあります。ところが、具体的にどうすればよいのかわからずに困った、という方もいるのではないでしょうか。

FTPでのファイルのアップロードやダウンロードは、専用のソフトを使うのが一番楽なのですが、今回はその中でも「Core FTP LE」というソフトについて、ダウンロードや使い方、設定方法について紹介させていただきます。

なお、FTPの概要や他のソフトにつきましては、FTPとは HTTPとの違いや接続方法などもご確認ください。

Core FTP LEのダウンロード

まずは、Core FTP LEの公式サイトを開きます。

http://rei.to/carotdav.html

「Download」を押します。

お使いのPCが64ビットの場合は末尾が「www.coreftp.com (64-bit)」を、32ビットの場合は末尾が「www.coreftp.com (32-bit)」をダウンロードしてください。

なお、64ビットか32ビットか分からない場合は、Windows PCで簡単にシステムのウィンドウを表示する方法をご確認ください。

Core FTP LEのインストール

ダウンロードできましたらファイルを実行し、「I Agree」を押します。

イントールするコンポーネントを指定して「Next」を押します。

インストール先のフォルダを指定して「Install」を押します。

インストールが始まります。

終了したら「Close」を押します。

Core FTP LEの使い方、設定方法

Core FTP LEを起動すると、最初に「Core FTP LEをデフォルトのFTPソフトにするか?」と聞かれますので、環境や状況に合わせて返答ください。

接続先の設定になりますので、②「Host/IP/URL」にホスト名(アドレス)を、③「Username」にユーザー名を、④「Password」にパスワードを入力します。具体的に入力するものや、その確認方法は接続先によって異なりますので、契約しているサーバーの管理ページを確認したり、管理者に問い合わせるなどして予め把握しておいてください。

また、もし⑤「Connection」が「FTP」以外になっていたら、「FTP」にしてください。

「Site Name」は「Site Manager」での表示名になりますので、好きなものを入力してください。

入力したら⑥「Connect」を押します。

これで接続できました。

使い方はファイルマネージャーと同様、フォルダを押せばその中に移動、ドラッグ&ドロップでファイルのアップロードやダウンロード、右クリックで削除や名前変更などとなります。

また、右側が接続した先、左側が今使っているPCとなりますので、間違えないように注意してください。

まとめ

以上、Core FTP LEのダウンロードや使い方、設定方法について紹介させていただきました。

FTPの利用はウェブサイトの経営では必要な知識といっていいと思います。みなさんも「Core FTP LE」などのソフトウェアを準備しておき、いざとなったら速やかなファイルのやりとりをできるようにしましょう。





おすすめの記事