Digital Attack Mapについて

現在、ネット上では常にどこかでDDoS攻撃が行われているのが実情です。特に日本がその舞台になっている場合、その影響を受ける可能性も十分に考えられます。

実際に今、どこからどこへ攻撃が行われているかを知る方法の一つが「Digitl Attack Map」です。Digitl Attack Mapは、世界中で行われているDDoS攻撃を可視化することができます。

今回はDigitl Attack Mapの使い方についてご紹介いたします。

DDoS攻撃とは

DDoS攻撃とは、分散型サービス妨害攻撃(Distributed Denial of Service attack)の略です。簡単に説明しますと、特定のサーバやネットワークなどに過剰な負荷をかける攻撃(これをサービス妨害攻撃(Denial of Service attack)、通称DoS攻撃と呼びます)を、多くの人を募ったり大量のマシンを用意するなどして、一斉に行うことを指します。

DDoS攻撃によって、回線が遅くなったりサービスがダウンするなどの被害は後を絶たず、ネット上での大きな問題の一つとなっております。

Digitl Attack Mapの使い方

まずは、Digitl Attack Mapのサイトを開きます。

http://www.digitalattackmap.com

すると、世界地図上に現在各国で行われているDDoS攻撃が表示されます。

攻撃を表す線にカーソルを合わせると、攻撃内容の詳細が表示されます。

また、地図の下にはこれまでに行われたDDoS攻撃の量が日ごとのグラフで表示されます。さらに、このグラフで特定の日付を押せば、地図がその日のDDoS攻撃の記録に切り替わります。

まとめ

以上、Digitl Attack Mapの使い方についてご紹介させていただきました。

セキュリティの面からも、DDoS攻撃に興味を持っておくことは大切だと思います。皆さんもときどきこのようなサイトでサイバー攻撃に関心を持っておくとよいでしょう。





おすすめの記事