Duplicate Postについて

WordPressで記事を作成していると、以前作成したページの内容をコピーして、それを編集してページを作成したい、といった経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合はコピーしたい記事の編集画面を開き、その内容をコピーして新規追加に張り付ける、といった方法もありますが、この方法ですとタイトルやカテゴリーなどはコピーできないため、ちょっと面倒だと思います。

そこでプラグイン「Duplicate Post」の出番です。このプラグインを用いれば、作成済みのページからタイトルや本文、カテゴリーなどをコピーしたページを作成することができます。

詳しい情報については、こちらのDuplicate Post公式ページをご確認ください。

今回は、Duplicate Postの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

Duplicate Postの使い方

Duplicate Postの設定方法

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「設定」を押します。

「Duplicate Post」を押します。

「複製する投稿/ページの要素」にて、ページをコピーするときにコピーしたい内容をチェックします。

「タイトルの接頭辞」に、ページをコピーしたときにタイトルの先頭に挿入したい文字を入力します。

例えば、「コピー記事」と設定すると、「2017年のジュースのトレンド」というタイトルの記事をコピーした場合「コピー記事2017年のジュースのトレンド」というタイトルの記事になります。

なお、①でタイトルにチェックを入れていない場合、②の内容のみのタイトルで記事がコピーされます。例えば、「コピー記事」と設定して①のタイトルのチェックを入れていないと、どんなタイトルの記事をコピーしても「コピー記事」というタイトルの記事になります。

「タイトルの接尾辞」に、ページをコピーしたときにタイトルの後ろに挿入したい文字を入力します。

例えば、「(要確認)」と設定すると、「2017年のジュースのトレンド」というタイトルの記事をコピーした場合「2017年のジュースのトレンド(要確認)」というタイトルの記事になります。

また、②と③を両方入力するとそれぞれが反映されます。例えば、②で「コピー記事」、③で「(要確認)」と設定すると、「2017年のジュースのトレンド」というタイトルの記事をコピーした場合「コピー記事2017年のジュースのトレンド(要確認)」というタイトルの記事になります。

なお、①でタイトルにチェックを入れていない場合、②と同様に③の内容のみのタイトルで記事がコピーされます。さらに、①でタイトルにチェックを入れずに、②と③を両方入力した場合は、②と③の内容で記事のタイトルが作成されます。

「メニュー順を増加する数」に、メニューの順序の数をふやしたい場合はその数を設定します。

「複製しないカスタムフィールド」に、コピーしたくないカスタムフィールドがある場合は入力します。

「複製しないタクソノミー」で、コピーしたくないものがあればチェックします。

「設定を保存」を押します。

設定が完了しました。

記事のコピー方法

「投稿一覧」を開きます。

コピーしたい記事のタイトルにカーソルを合わせると、①「複製」「新規書き下ろし」というメニューが追加されています。

「複製」を押すと、その記事のコピーが下書きで作成されます。

「新規書き下ろし」を押すと、その記事をコピーした記事の編集画面に移動します。

まとめ

以上、Duplicate Postの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

内容が近い記事や昔書いた記事の最新版など、活用できる場面はいろいろあると思います。皆さんの効率的な記事の編集に、Duplicate Postが役立つことを願っております。





おすすめの記事