EWWW Image Optimizerについて

今やウェブサイトには画像は欠かせぬ存在でありますが、画像の容量が大きすぎたり枚数が多すぎたりすると、ページの表示が遅くなってしまうなどの問題が発生してしまいます。

「EWWW Image Optimizer」は、そのような問題を軽減するのに役立ってくれます。「EWWW Image Optimizer」は画像を圧縮し軽量化してくれるプラグインで、これを使用することによりページの表示の高速化につながります。

詳しい情報については、こちらのEWWW Image Optimizer公式ページをご確認ください。

今回は、EWWW Image Optimizerの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

EWWW Image Optimizerの設定

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「設定」を押します。

「EWWW Image Optimizer」を押します。

各種タグを押すことで設定の変更をすることができます。以下に各タグの概要をご紹介しますが、基本的には「Convert」タグ以外は変更しなくて大丈夫です。

Basic

「Basic」を押すと、有料版のコード入力や基本設定を行うことができます。こちらは基本的に初期状態のままで大丈夫ですが、「Remove Metadata」にチェックが入っているかを確認し、もし入っていなかっらチェックし「変更を保存」を押します。

ExactDN

「ExactDN」を押すと、画像を自動的にリサイズするための設定になります。ですが、この機能も有料オプションになりますので、初期状態から変更する必要はありません。

Advanced

「Advanced」を押すと、JPGの画像レベルなどの高度な設定を行うことができます。こちらは基本的に初期状態のままで大丈夫です。

リサイズ

「リサイズ」を押すと、画像の幅や高さの上限などのリサイズに関する設定を行うことができます。こちらは基本的に初期状態のままで大丈夫です。

Convert

「Convert」を押すと、画像の変換に関する設定を行うことができます。①「コンバージョンリンクを非表示」をチェックし②「変更を保存」を押します。

WebP

「WebP」を押すと、WebPという画像フォーマットに関する設定を行うことができます。WebPを使いたいのでなければ、設定は初期状態のままで大丈夫です。

上書きする

「上書きする」を押すとヘルプが表示されます。特に用が無ければ押す必要はないでしょう。

EWWW Image Optimizerの使い方

各種設定が終わったら「一括最適化」を押します。

「最適化されていない画像をスキャンする」を押します。

「最適化を開始」を押します。

最適化が始まりますのでしばらく待ちます。

画像が最適化されます。

なお、EWWW Image Optimizerのインストール、有効化した後にアップロードされた画像につきましては、アップロード時に自動的に最適化が行われます。ただし、たまに最適化が行われないこともあるので、定期的に「一括最適化」を行ったほうがよいでしょう。

まとめ

以上、EWWW Image Optimizerの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

画像を圧縮し、用量を抑えることはページの高速化に有効です。ですが、それだけではなく必要以上に画像を使いすぎないなど、投降者側の工夫も同様に大切です。皆さんも記事を投稿する際には、画像について注意するよう心がけてください。





おすすめの記事