FTPでHostGatorとやりとりしたい

ウェブサイトを経営していると、「FTP」でのサーバーへのアクセスが求められる場面があります。ところが、具体的に何を準備し、どのような操作をすればよいかわからずに困った経験をされた方もいるのではないでしょうか。

FTPでやりとりを行うには、「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」が必要になりますが、それらの確認方法を知りたい、という方もいらっしゃると思います。

いくつかあるレンタルサーバーの中でも「HostGator」についてですが、こちらはまずは自分でユーザー名やパスワードを設定しなければなりません。そこで、今回は「HostGator」での、FTPで必要なホスト名などを設定し、接続する方法について紹介させていただきます。

なお、FTPの概要やFTPでやりとりを行うソフトにつきましては、FTPとは HTTPとの違いや接続方法などもご確認ください。

HostGatorでFTPに必要なユーザー名などを設定する方法

まずはHostGatorのカスタマーポータルへログインします。

HostGator Customer Portal

カスタマーポータルへログインしたら、「Hosting」を押します。

FTPを接続したいドメインの歯車を押し、「Manage FTP」を押します。

「Create a new FTP account」を押します。

「Account」にユーザー名の前半(詳しくは後記)を入力します。

「New Password」および③「Repeat Password」にパスワードをにゅうりょくします。

入力したら④「Create Account」を押します。

「ユーザー名」「パスワード」となどをを設定することができました。

なお、ホスト名は接続したいドメインと同じになります。

また、「ユーザー名」について注意していただきたいのは、「(設定した名前)@(ホスト名)」となることです。よくある間違いとして、設定した名前のみを入力して接続というものがあります。きちんと@の後ろまで入力しましょう。

設定したホスト名などの設定方法につきましては、それぞれそれぞれFTPとは HTTPとの違いや接続方法などより各種ソフトのページをご確認ください。

まとめ

以上、HostGatorでFTPに必要なホスト名などを確認する方法について紹介させていただきました。

FTPの利用はウェブサイトの経営では必要な知識といっていいと思います。みなさんもホスト名などの必要な情報を把握しておき、必要になったら速やかにファイルのやりとりをできるようにしましょう。





おすすめの記事