タグをそのまま表示したい

HTMLで文章を書いていると、例えば「<strong>強調したい内容</strong>」のように、タグをそのまま表示したい場面は多いと思います。

しかし、そのまま書いてしまうと、「強調したい内容」のようにタグが処理されてしまい、タグを表示することはできません。

それを防いでそのまま表示する方法はいくつかありますが、その一つが「<」や「>」などの記号を特殊な書き方をすることで、タグとして処理されずそのまま表示されるようにする、というものです。

今回は、HTMLで「<」や「>」などの記号をそのまま表示する方法

「<」や「>」などの記号をそのまま表示する方法

まずは「<」を「>」を表示する方法ですが、次のように書きます。

「<」→「&lt;」
「>」→「&gt;」

これは、タグのくくりを表す<や>のような、特別な意味を持つ記号を表記するための方法で「文字参照」と呼ばれています。

文字参照には他にもいろいろありますが、主なものとしては以下のものが挙げられます。

記号文字参照
!&excl;
"&quot;
#&num;
$&dollar;
%&percnt;
&&amp;
'&apos;
(&lpar;
)&rpar;
*&ast;
+&plus;
,&comma;
.&period;
/&sol;
:&colon;
;&semi;
<&lt;
=&equals;
>&gt;
?&quest;
@&commat;
[&lsqb;
\&bsol;
]&rsqb;
^&Hat;
_&lowbar;
{&lcub;
|&verbar;
}&rcub;
※半角スペース&nbsp;
¡&iexcl;
¥&yen;
©&copy;

まとめ

以上、HTMLで<や>などの記号をそのまま表示する方法についてご紹介させていただきました。

文字参照は、ときに思わぬ形で使うことも多いです。皆さんも興味がありましたら、どのようなものがあるか一度調べてみるとよいでしょう。





おすすめの記事