JP Markdownについて

皆さんは「マークダウン」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。

マークダウンとは、少ない労力でHTMLを生成できる記述法で、うまく活用すればHTMLを書く効率を向上させることができます。

今回紹介する「JP Markdown」は、WordPressでマークダウンを使えるようにするプラグインで、こちらをインストール、有効化すればマークダウンでの記述が可能になります。

JP Markdownの詳しい情報については、こちらのJP Markdown公式ページをご確認ください。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

JP Markdownの使い方

JP Markdownは、インストールし有効化すると、自動的にマークダウンでの記述が可能になります。設定項目もございません。

マークダウンでの記述方法については、特に重要な例を以下に示します。詳しくはマークダウンでHTMLを生成する書き方をご確認ください。

見出し(h1~h6)

シャープ(#)を先頭に記述すると見出しになります。見出しのレベルは#の数で表します。

# 見出し h1
## 見出し h2
### 見出し h3
#### 見出し h4
##### 見出し h5
###### 見出し h6

見出し h1

見出し h2

見出し h3

見出し h4

見出し h5
見出し h6

リスト(ul)

アスタリスク(*)、ハイフン(-)、プラス(+)を先頭に記述するとリストになります。リストの中にリストを書く場合はタブを用います。

* リスト
* リスト
    * リスト
    * リスト
        * リスト
        * リスト
    * リスト
* リスト
  • リスト
  • リスト
    • リスト
    • リスト
      • リスト
      • リスト
    • リスト
  • リスト

リスト(ol)

「1.」を先頭に記述するとリストになります。リストの中にリストを書く場合はタブを用います。

1. リスト
1. リスト
    1. リスト
    1. リスト
        1. リスト
        1. リスト
    1. リスト
1. リスト
  1. リスト
  2. リスト
    1. リスト
    2. リスト
      1. リスト
      2. リスト
    3. リスト
  3. リスト

まとめ

以上、JP Markdownの使い方について紹介させていただきました。

マークダウンを活用すれば、HTMLでの記述が楽になると思います。皆さんも興味がありましたら、JP Markdownを利用してマークダウンを試してみてください。





おすすめの記事