No Category Base (WPML)について

WordPress初心者が最初に設定するべきことでも述べましたが、URLは長くならないようにした方が良いのですが、WordPressの初期設定ではカテゴリーのURLは「(WordPress アドレス)/category/(カテゴリー名)/」と、「category」がついて若干長くなってしまっています。

そこでプラグイン「No Category Base (WPML)」の出番です。このプラグインを用いれば、カテゴリーのURLは「(WordPress アドレス)/(カテゴリー名)/」と、「category」が無くなり短くなります。

詳しい情報については、こちらのNo Category Base (WPML)公式ページをご確認ください。

今回は、No Category Base (WPML)の使い方についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

No Category Base (WPML)の使い方

No Category Base (WPML)は、インストールし有効化すると、自動的にカテゴリーのURLが「(WordPress アドレス)/(カテゴリー名)/」に変更されます。設定項目もありません。

そのため、URLを「category」がついた状態に戻す場合は、No Category Base (WPML)を無効化してください。

なお、No Category Base (WPML)が有効な状態で「(WordPress アドレス)/category/(カテゴリー名)/」にアクセスすると、「(WordPress アドレス)/(カテゴリー名)/」にリダイレクトされます。

まとめ

以上、No Category Base (WPML)の使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

URLをなるべく短くすることは、利便性などの点から重要なポイントです。特にカテゴリーはアクセスする機会も多いと思いますので、是非ともNo Category Base (WPML)で短くすることをお勧めします。





おすすめの記事