Search Regexについて

WordPressで複数のページにわたり、単語や漢字を間違って使っていたり、あるいはHTML5で廃止されたタグを使ってしまっていたなど、修正したいが一つ一つ直していくのは大変、さらにどこで使っていたかもすべて把握できない、といった悩みを抱えたこともある方はいるのではないでしょうか。

そのようなときはプラグイン「Search Regex」の出番です。このプラグインを用いれば、複数の記事にわたって文字列を検索し、さらに指定した文字列に変換することができるようになります。

詳しい情報については、こちらのSearch Regex公式ページをご確認ください。

今回は、Search Regexの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

Search Regexの使い方

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「ツール」を押します。

「Search Regex」を押します。

「Source」で検索対象を選択します。なお、項目とその意味は以下の通りです。

Comment authorコメントの名前
Comment author emailコメントのメールアドレス
Comment author URLコメントのURL
Comment contentコメントの本文
Post content記事の本文
Post excerpt記事の抜粋
Post meta value記事のカスタムフィールド
Post title記事のタイトル
Post URL記事のURL

「Search pattern」に検索や置換する文字列を入力します。

置換する場合は③「Replace pattern」に、置換後の文字列を入力します。

検索する場合は④「Search」を押します。

「Search」を押すと、下に検索結果が表示されます。

置換するとどうなるか確認する場合は、⑤「Replace」を押します。

「Replace」を押すと、下に検索結果と置換結果が表示されます。

置換する場合は、⑥「Replace & Save」を押します。

「Replace & Save」を押すと、置換が行われます。

まとめ

以上、Search Regexの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

記事の誤りや古い内容を修正することは、サイトを運営する上で大切なことです。皆さんもSearch Regexを活用し、必要に応じて効率的に修正を行ってください。





おすすめの記事