Shortcoderについて

WordPressで記事を作成していると、よく使う文章や、HTMLのコードなどもあると思います。そのようなものは前の記事から該当箇所をコピー&ペースト、などの方法がありますが、もっと良い方法がないか、と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そこでプラグイン「Shortcoder」の出番です。このプラグインを用いれば、追加および編集画面で登録した文章やHTMLのコードなどを挿入することができます。

詳しい情報については、こちらのShortcoder公式ページをご確認ください。

今回は、Shortcoderの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

Shortcoderの使い方

Shortcoderの使い方は、「挿入したい文章などの登録」→「追加、編集画面で文章などを挿入」となります。

挿入したい文章などの登録

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「設定」を押します。

「Shortcoder」を押します。

「Create a nes shotrcode」を押します。

「Name」に、追加、編集画面で表示される名前を入力します。

なお、「Name」で使えるのは半角英数と、「-」「_」「 」だけですので注意ください。

「shortcode content」に、挿入したい文章などを入力します。

「Create shortcode」を押します。

登録が完了しました。

登録した文章などの挿入

追加、編集画面で、ビジュアルエディタなら「[/]」を押します。

テキストエディタなら「Shortcorder」を押します。

これまで登録した文章などの一覧が表示されますので、挿入したいものの「Quick insert」を押します。

対応したコードが入力されます。

プレビューで確認すると、登録した文章などが表示されます。

まとめ

以上、Shortcorderの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

よく使う文章などを簡単に呼び出せると、作業の効率も上がることと思います。皆さんも自分がよく使う文章などを適宜追加し、WordPressを使いやすいようにカスタマイズしてください。





おすすめの記事