使おうと思ったドメインやIDが登録されていた

皆さんの中にも、ドメインやTwitterやFacebookなどのサービスに登録しようとしたら、使いたかったドメインやIDがすでに登録されていた、という経験をされた方も多いと思います。

そのような事態を防ぐためには、「startup name check」が有用です。startup name checkは、入力した文字列について、ドメインや各種サービスのIDに登録さているか調べてくれるサービスです。

今回は、startup name checkの使い方についてご紹介いたします。

startup name checkの使い方

まずは、startup name checkのサイトを開きます。

https://startupnamecheck.com/

「startup name with space」に、調べたい文字列を入力して②「check」を押します。

すると、その文字列がすでに登録されているかが表示されます。

「Settings」を押すと、調べる対象のドメインやサービスなどを設定することができます。

まとめ

以上、startup name checkの使い方についてご紹介させていただきました。

いろいろなサービスに同じタイミングで登録したい時、特に、ドメインとサービスのIDをどうしても統一したい場合などに非常に便利だと思います。特に一般的な単語で登録したい場合は、登録を試す前に一度確認したほうがよいでしょう。





おすすめの記事