TablePressについて

WordPressでページを作るときに、テーブルを使いたいが<table>タグなどの使い方が難しいと悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。

また、同じテーブルをいくつかのページで使いたいなど、ページとは別にテーブルを管理したいと思ったことがある方もいるかもしれません。

そのようなときはプラグイン「TablePress」の出番です。このプラグインを用いれば、テーブルを簡単に作成、管理をすることができるようになります。

詳しい情報については、こちらのTablePress公式ページをご確認ください。

今回は、TablePressの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

TablePressの使い方

テーブルの作成

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

TablePressをインストールし有効化すると、左に「TablePress」が追加されますので、それを押します。

「新しいテーブルを追加」を押します。

「テーブルの名前」を入力します。

必要に応じて②「説明」を入力します。

「行数」を入力します。初期状態は5となっております。

「列数」を入力します。初期状態は5となっております。

「テーブルを追加」を押します。

テーブルが作成されました。

作成したテーブルにデータを入力

テーブルが作成されると、データの入力画面に遷移しますので、引き続きテーブルにデータを入力します。

なお、「テーブルの情報」の①「ショートコード」がページにテーブルを挿入するときに必要になりますので必要に応じてコピーしておきましょう。

また、②「テーブルの名前」と③「説明」が編集できますので、変更が必要な場合はこちらから修正します。

「テーブルの内容」で、各セルにデータを入力します。

セルに画像を入れる場合や、行列の追加などをする場合は、「テーブルの操作」より行います。

また、必要に応じて「テーブルのオプション」「DataTable JavaScriptライブラリの機能」を設定します。

編集が終わったら「変更を保存」を押します。

変更が保存されました。

テーブルをページに挿入

テーブルが完成したら、挿入したいページの編集画面で、テーブルを挿入したいところにショートコードを貼り付けます。

保存すればテーブルが挿入されます。

実際にテーブルを挿入したものが以下になります。

項目A項目B
データA1データB1
データA2データB2
データA3データB3

テーブルの修正

作成したテーブルを修正する場合は、「TablePress」を押します。

これまでに作成したテーブルが表示されますので、編集するテーブルの名前を押します。

「作成したテーブルにデータを入力」のときと同様のページに移動しますので、修正を行ってください。

まとめ

以上、TablePressの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

テーブルの作成や管理が簡単にできれば、ページの作成の大きな助けとなることでしょう。皆さんもTablePressを活用し、効率的にテーブルを利用してください。





おすすめの記事