はじめに

皆さんの中には、Twitterのアカウントを凍結されてしまった経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。凍結されても解除できればよいのですが、解除ができないのでしかたなく退会しようとしたら方法がわからない、という経験をされた方もいるのではと思います。

今回は、Twitterで凍結されたアカウントの退会についてご案内いたします。

凍結されたアカウントは退会できるか

結論を申しますと、凍結したアカウントは退会できません。退会したい場合は、いったん凍結を解除して、それから退会をしなくてはなりません。

解除できないから退会したいんだ、と思う人が多いと思いますが、対策法としては「なんとかして凍結を解除する」か「凍結したアカウントはそのまま放置する」のどちらかになる、というのが現状です。

アカウントが凍結される原因

そもそも、どうしたらTwitterでアカウントが凍結されてしまうかですが、原因としては

  • スパム行為
  • 他の人や法人などへのなり済まし
  • 他者への暴言や脅迫、社会的に問題がある発言など
  • 短期間でフォローやフォロー解除を大量にした
  • アカウントが何者かに乗っ取られた可能性がある

などが挙げられます。

また、アダルトについては、アダルトへのリンクはOKだけど直接アダルトな画像や動画を投稿したりすると凍結の可能性があります。ただし、その場合も「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」を設定しておけば大丈夫なようです。

ただし、上記に違反していなくてもアカウントが凍結されてしまうことはあります。普通に利用していただけなのにスパム行為と間違われた、といった報告も散見されますし、近年問題になったケースですと、企業の公式アカウントに悪意ある第三者が虚偽の著作権侵害を申し立てた結果、企業の公式アカウントが凍結された、といった例も存在します。

そのため、Twitterのルールを守るのはもちろんですが、その一方でそれでも凍結されてしまうこともある、ということを念頭に入れておいた方がよいでしょう。

まとめ

以上、Twitterで凍結されたアカウントの退会についてご案内させていただきました。

退会はできない、という結論にがっかりされた方も多いと思います。そのため、アカウントが凍結されないよう日頃から注意するとともに、万一のときは粘り強くTwitter社に凍結の解除を交渉する根気か、すっぱりとアカウントを放棄する見切りの良さが必要になります。

皆さんもこれらの点を把握した上でTwitterを利用していただけたらと思います。





おすすめの記事