W3 Total Cacheについて

キャッシュとは そのメリットと問題点でも述べましたが、ページの表示を早めるなど、ウェブサービスの管理側のキャッシュ管理は重要なポイントの一つです。

キャッシュを管理するプラグインはいくつかありますが、今回はその中から「W3 Total Cache」の使い方と設定方法についてご紹介したいと思います。

W3 Total Cacheの詳しい情報については、こちらのW3 Total Cache公式ページをご確認ください。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

W3 Total Cacheの使い方

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

W3 Total Cacheをインストールし有効化すると、左に「Performance」が追加されますので、それを押します。

「General Settings」を押します。

「Page Cache」「Enable」をチェックします。

「Database Cache」「Enable」をチェックします。

「Object Cache」「Enable」をチェックします。

「Browser Cache」「Enable」をチェックします。

「Save all settings」を押します。

W3 Total Cacheの設定が完了しました。

これ以降は、自動でキャッシュが作成されるため、操作は不要です。

キャッシュの削除方法

投稿済みの記事や固定ページを更新した場合などは、キャッシュにより更新がすぐに反映されない場合があります。そのため、更新した場合はいったんキャッシュを削除するようにしましょう。

「Performance」を押します。

「empty all caches」を押します。

キャッシュが削除されました。

キャッシュやキャッシュを管理するプラグインの問題点

キャッシュとは そのメリットと問題点WordPressでサイトが真っ白になってしまった時の対処方法WordPressで指定の日時に記事を投稿する方法でも述べたとおり、キャッシュはときに不具合の原因となってしまうことがあります。そのため、サイトを管理していて、動作がおかしいと感じることがあったら、まずはキャッシュを削除するよう心がけてください。

また、「W3 Total Cache」に限った話ではないのですが、キャッシュを管理するプラグインそのものが不具合の原因となってしまう場合もあります。そのような場合や、あまりにも頻繁にキャッシュを削除しなければならない場合などは、プラグインを無効化し使用を取りやめることも検討してください。無効化についてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

まとめ

以上、W3 Total Cacheの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

キャッシュは作成だけでなく、削除も含めて管理する必要があります。皆さんもW3 Total Cacheを活用し、自分のサイトのキャッシュを適切に管理しましょう。





おすすめの記事