WP Maintenance Modeについて

WordPress初心者が最初に設定するべきことでも述べましたが、WordPressのサーバーへのインストールが完了した時点で、すでにサイトは公開されています。

記事を投稿するまでの間は、サイトを非公開にしたいところですが、WordPressは記事単位での公開/非公開は切り替えられるものの、サイトそのものを非公開にする機能は初期状態では備わっていません。

また、長時間にわたって、複数の記事をメンテナンスしたいなど、記事をある程度投稿した後にも、一時的にサイトを非公開にしたい場面はあると思います。

そのような場合は、プラグイン「WP Maintenance Mode」の出番です。このプラグインを用いれば、サイトの公開/非公開を切り替えられるようになります。

詳しい情報については、こちらのWP Maintenance Mode公式ページをご確認ください。

今回は、WP Maintenance Modeの使い方と設定方法についてご紹介いたします。

なお、プラグインのインストールや有効化につきましてはWordPressのプラグインをインストールする方法をご確認ください。

また、以前はサイトを非公開にするプラグインに「wp-nologin-redirect」というものもあり、こちらを薦めるサイトも多いのですが、こちらは公開停止となり現在はインストールできませんので注意してください。詳しくはwp-nologin-redirect公式ページもご確認ください。

WP Maintenance Modeの使い方

WP Maintenance Modeの使い方は、「非公開の時に表示するページなどの設定」→「公開/非公開の切り替え」となります。

各種設定や公開/非公開の切り替えについては次のとおりです。

WP Maintenance Modeの設定方法

まずはWordPressのダッシュボードを開きます。

「設定」を押します。

「WP Maintenance Mode」を押します。

「デザイン」を押します。

「タイトル (HTML タグ)」に、非公開のときにブラウザのタグに表示させたいタイトルを入力します。

「見出し」に、非公開の時に表示する見出しを入力します。なお、文字色は初期状態では黒ですが、必要に応じて③「色を選択」で変更してください。

「テキスト」に、非公開の時に表示するテキストを入力します。なお、文字色は初期状態では黒ですが、必要に応じて⑤「色を選択」で変更してください。

「背景の種類を選択」を選択します。背景を単色にしたい場合は「カスタムカラー」を選択して⑦「色を選択」で色を選択します。

用意した画像を背景に使いたい場合は、「アップロードされた背景画像」を選択して⑦「Upload」より画像をアップロードします。

既定の画像を背景に使いたい場合は、「既定の背景画像」を選択して⑦「背景を選択」より表示する画像を選択します。

「設定を保存」を押します。

設定が変更されました。

次に「一般」を押します。

「状態」で、非公開にする場合は「有効化」を、公開する場合は「無効化」を選択します。

なお、非公開の時に表示するページでダッシュボードへのリンクを表示したくない場合は、⑨「ダッシュボードリンク」「いいえ」にします。

「設定を保存」を押します。

なお、②~⑧につきましては、特に理由がなければ初期状態のままで大丈夫です。

公開/非公開が切り替わりました。

まとめ

以上、WP Maintenance Modeの使い方と設定方法についてご紹介させていただきました。

状況によっては、サイトを非公開にした方が良い場面に直面することもあると思います。皆さんもWP Maintenance Modeを活用し、効果的に公開/非公開を切り替えてください。





おすすめの記事